起こって当たり前!?初期脱毛を明るく乗り切る!

急な脱毛が起こるとヒヤッとしますよね?けれども、その脱毛が育毛ケア開始後に起こったら、「方法が間違っているのではないか」「育毛剤が合っていないのではないか」と心配になるでしょう。

でも大丈夫、これは初期脱毛といって、育毛ケアを開始した方であれば、誰にでも起こる可能性がある現象なのです。

初期脱毛ってどんなときに起こる?

初期脱毛という言葉、あなたももしかするとどこかで見聞きしたことがあるかもしれません。初期脱毛は、特にミノキシジル内服薬などで起こる脱毛です。そのまま育毛を継続すれば自然におさまります。

ミノキシジル内服薬はクリニックで処方を受ける薬であるため、それによって育毛どころか脱毛が起こってしまったら、どうしようもないショックに見舞われますよね?

でも、そこはじっと我慢、そのままミノキシジル内服薬を飲み続けましょう。

とはいえ、いつまでも脱毛が続くと、このまま逆に薄毛になってしまうのではないか?という不安ばかりが大きく膨らんでしまうでしょう。

でも、その理由さえしっかりと抑えておけば、初期脱毛の不安が薄らぐはずです。

私の場合は、育毛クリニックでミノキシジル主成分の内服薬を処方されている時よりも、最初に薄毛が気になった時に使用した医薬部外品の頭皮に直接付けるタイプの育毛剤を使用していた時の方が、初期脱毛の症状がありました。

では、初期脱毛はなぜ起こるのでしょうか?

それはズバリ、育毛剤によって頭皮が本来の健康を取り戻しつつあり、それによって頭皮のコンディションが一時的に乱れたということなのです。

恐ろしかった私の初期脱毛体験

私は、ネットで人気のある医薬部外品の育毛剤を定期購入してケアしている最中に、激しい初期脱毛の症状に見舞われた経験があります。

それは、育毛剤の使用開始からおよそ3カ月が経過したあたりで起こりました。

いつもの通りシャンプー後にタオルドライし、ブラシでサッと髪をとかしたときのことです。なんと、ブラシの毛部分にゴッソリと抜け毛が絡まっているではありませんか…。

もう、それこそ大パニックで、翌日にカスタマーサポートセンターに電話連絡をして相談してみました。

すると、初期脱毛という言葉は出てきませんでしたが、「育毛剤によって頭皮のコンディションが快方へ向かっている可能性がある」といった説明を受けました。

実はこの電話連絡のとき、この育毛剤の使用を中止して別の育毛剤に切り替える、あるいはクリニックに相談して、適切な治療を受けるかで迷っていました。

でも、そのタイミングでカスタマーサポートに相談したことが私の励みになり、そのまま同じ育毛剤を我慢して使い続けることが、育毛成功へと導いてくれたのです。

あの激しい脱毛を目の当たりにした直後の私は、「育毛剤に期待してお金と時間を費やしたのに…」という思いに駆られ、

ウェ~ンッ!!

と泣きそうになりました。

今この記事を目にしているあなたもきっと、あのときの私と同じ気持ちになっているに違いありません。

だからこそ、大丈夫、それは初期脱毛だから心配しないで!」と、声を大にしてあなたに伝えたいのです。

初期脱毛と普通の脱毛ってどこが違うの?

初期脱毛は、あなたの身体のどこかに不具合が生じて起こっているのではなく、ミノキシジルなど、育毛剤によって起こるものです。

全員の方に起こるわけではありません。

つまり、育毛剤の配合成分によって頭皮の環境が整えば初期脱毛は治まり、次は育毛段階に突入するということです。

初期脱毛は、薬が効きやすい人がなり、薬が効くのがゆったりした人には出にくいと言われています。

初期脱毛はむしろあってうれしいものであり、将来に向けて希望をもてる症状ということになりますが、毛が抜けるのが、普通の脱毛なのか初期脱毛なのか、その見分け方はわかりにくいかもしれません。薬が効いているのかいないのか、やはり心配になりますよね。

重ねて言いますが、初期脱毛にならなかったからといって、薬が効いていないということではないので、そこは気に留めておいてくださいネ。

初期脱毛の見分け方は、

■育毛剤を使用し始めて3カ月以内。

■体毛が濃くなったり眉毛など毛が伸びてきた。

■抜けていた部分から産毛が生えてきた。

 初期脱毛の性質

■1~2カ月続きます。

■症状が出る人と出ない人がいます。

初期脱毛のメカニズムを解説します

内服タイプでも外用タイプでも、使用開始からしばらくすると毛包が成分の刺激を受け、毛包内では髪の元となる毛母細胞の生成スピートや活性スピードが加速します。

すると、もともと毛穴から伸びていた退行期にある髪が抜けるタイミングが速まります。つまり、退行期を迎えている髪が多い場合では、育毛剤の使用開始からしばらくして抜け毛が増えることがあるということです。

それではここで、毛周期について簡単に説明しておきましょう。

 

毛周期とは、髪が一定のサイクルを繰り返して生え変わることを意味し、以下のサイクルから成っています。

・成長期

髪の毛は、爪のように中から育って押し上げて長くなっていくものです。髪が毛穴から露出してきてから、どんどん成長して伸びる時期で、頭皮が健康な状態なら4~6年前後続きます。また、この期間には髪の太さが安定していますが、年齢とともに髪が細くなってきたら毛周期に乱れが生じ始めている可能性が大きいといえるでしょう。

・退行期

成長期を終えた髪が、寿命によって抜けていく期間です。たまたま退行期を迎えた毛穴が多い場合では、短期間の間に抜け毛が増えて驚くことがありますが、数日間程度で治まればまず心配はないでしょう。

退行期の期間については個人差がありますが、成長がストップして抜け落ちるまでの期間は、約2~3週間前後だといわれています。

・休止期

退行期で髪が抜け落ちた毛包内で毛母細胞が誕生し、分裂が始まるまでの期間をいい、この期間は次回毛母細胞が分裂を始めるまでの準備期間として捉えることができます。休止期にも個人差がありますが、頭皮が健康な状態では約2~3カ月程度だといわれています。

一方、頭皮環境が悪化している、あるいは年齢で女性ホルモンの分泌量が低下しているという場合では、3カ月以上も長引くことがあり、その期間が長引くほど薄毛が目立ちやすくなります。

 

このように、毛周期には平均的なサイクルがあり、それが乱れるから抜け毛や薄毛が目立つことになるのです。そして、ミノキシジル内服薬を服用したり外用タイプの育毛剤を使用したりすることが、毛母細胞の分裂を促し、一時的に抜け毛が目立つ初期脱毛につながるということなのです。

この原理を知らずにいると、育毛剤の効果を実感できず逆効果だと感じることになりかねません。

育毛剤の使用で抜け毛が激しくなったと感じても、それは初期脱毛の可能性がありますので、まずは余計なことを考えずに、育毛剤を継続使用して様子を見ましょう。

初期脱毛 まとめ

初期脱毛は理由があって起こりますので、まずは怖がらないでそのまま育毛ケアを続けましょう。

K子

私もそうでしたが、育毛剤の使用で抜け毛が目立つと、それだけで心が折れそうになるかと思います。でもそれは、「好転反応」と呼ばれる現象である可能性が高いため、あまり気にする必要はありません。

むしろ、育毛剤の使用開始から数カ月後に抜け毛が起こったのなら、育毛剤の効果が現れ始めている証拠だと捉えるべきでしょう。

それよりも、抜け毛が増えたストレスでさらに抜け毛が増えることのほうが心配ですので、初期脱毛が起こったらなるべく気にせず、普段通りの生活を送ることが大切ですよ。

 
応援ヨロシクです!↓↓

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!