薄毛女性のための髪の毛にいいシャンプーとコンディショナーの選び方

髪の毛にいいシャンプーは、ドラッグストアなどで市販されているものよりも、通販で専門店や人気店から購入されることをオススメします。

何故ならば、ドラッグストアなどで売られている商品は、洗浄力を重視したシャンプーがメインとして売られているからです。洗浄力の高いシャンプーは、必要以上に皮脂まで取ってしまうおそれがあります。

K子

どこのドラッグストアに行っても、CMなどで皆が知っている有名なものしか置いていません。髪の毛にいいものが置いてあったとしても種類が少なく選べません。私も抜け毛や薄毛に悩んだとき、適したシャンプーが街のドラッグストアで見つからなくて困ったことがあります。

薄毛の女性におすすめのシャンプーは、通販育毛シャンプーを求めましょう

実際、どのようなものが良いかは、別の記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

>>薄毛K子が後輩に教える「50代女性が選ぶべき育毛シャンプー」

ここでは、髪にいい育毛シャンプーを選ぶためのポイントをお伝えします。

髪の毛にいいシャンプーの選び方

育毛シャンプーは健康な髪にするために欠かせない種類のシャンプーで、頭皮を健やかに保つ効果があります。頭皮のエイジングケアにおすすめで、主な観点はシャンプーの香りや成分、価格、シャンプー後の仕上がりが挙げられるでしょう。

🌸まずおすすめなのはアミノ酸シャンプーで、洗浄成分にアミノ酸の系統の成分が配合されています。アミノ酸シャンプーのメリットは、保湿力が高くて洗浄力が易しいところです。アミノ酸シャンプーに含まれる主な成分は、メチルアラニンココイルベタインが含まれます。

🌸次におすすめなのは、ノンシリコンのシャンプーです。

シリコンが入っているシャンプーは毛髪をコーティングするため、保湿効果や髪の手触りの良さを得られます。けれども、場合によっては毛髪以外の毛根や頭皮もコーティングするため、新しい髪の毛が生えなくなったり頭皮に悪影響を及ぼす傾向にあります。薄毛の女性、あるいは育毛を望む女性にはノンシリコンシャンプーがおすすめです。

🌸次におすすめなのは、天然由来成分が配合されているシャンプーです。植物由来のエキスやオイルが配合されている物で、植物オイルは安全性と保湿力が高いのが特徴的です。シャンプーは頭皮や頭髪だけでなく、体全身の地肌に触れるため、天然素材の優しい成分が配合されているものを選びたいですね。

🌸また、肌のタイプに合ったものを選ぶのがおすすめです。乾燥しやすい場合はドライ、乾燥肌用の物を、脂っぽい肌であればオイリー、脂性肌用の物がおすすめです。パッケージや商品サイトなどに、女性向け及び女性用と記載されている場合は、比較的低刺激に作られています。

頭皮がベタベタでも脂っぽくない?

頭皮がベタベタしている場合は脂っぽいと判断してしまいがちですが、脂っぽい人は実はそんなに多くありません。むしろ皮脂を洗い落としすぎて肌が乾燥し、後で肌が脂っぽくなる人の方が多いです。

自分の頭皮タイプが分からない場合は、シャンプー後に約1時間ほど待ってみて皮脂が確認できれば脂っぽく、約3時間ほどで皮脂が確認できる場合は普通で、翌朝でなければ確認できない場合は乾燥肌に分類されます。

🌸また、シャンプーは、頭皮への刺激や洗浄力が強すぎると、頭皮トラブルの原因となる場合があります。例えば、アルコールが入っている物は頭皮を乾燥しやすくしてしまうため、なるべくならアルコールフリーの物を選びたいものです。

避けるべき成分は、ベンジルアルコールBHTメチルクロロイソチアゾリノンが挙げられます

一方で安全性が比較的高い成分は、パラベンステアリルアルコールなどです。

これらの成分はほとんどに入っているので避けることは難しいですが、人によっては天然成分にも気を配らなければいけません。天然成分は人によってはアレルギー反応が出ることがあるため、シャンプーを使用していてアレルギーが出たことがある人は注意しましょう。

頭皮ケアにもなる!正しいシャンプーの手順
①40度くらいのお湯で頭皮全体をしっかり濡らします。
②シャンプーを手のひらに伸ばし、髪の毛全体になじませながらしっかりと泡を作ります。
③シャンプーがしっかりと泡だったら、指の腹を使って頭皮全体を揉みほぐすつもりでマッサージしていきます。
④シャンプーが頭皮に残らないように、3分ほどかけてしっかりと髪の毛や頭皮をすすぎます。

>>薄毛K子が後輩に教える「50代が選ぶべき女性用育毛シャンプー」

髪の毛にいい、女性のための薄毛コンディショナー(リンス)の選び方

「シリコン配合のシャンプーやコンディショナーは薄毛の原因になる」

このような言葉を見聞きしたことがある方は多いのではないでしょうか?

以前では、シャンプーやコンディショナーに配合されているシリコンが毛穴を塞ぐのではないか?と考えていたようですが、実は、シリコン自体が毛穴を塞ぐことはなく、薄毛の原因にはなりにくいことがわかっているのです。

つまり、シリコン配合か否かについてはあまり神経質に考える必要がないということですね。

では、薄毛用の髪にいいコンディショナーを選ぶ際には、どのような点に目を向ければ良いのでしょうか?

🌸薄毛コンディショナーを選ぶ際には、以下の点に注意を払いましょう。

・化学合成分の配合量

・栄養成分を配合していること

・天然植物系界面活性剤を洗浄成分として配合していること

 

化学合成成分の配合量が少なくて、なおかつ配合されているとしても頭皮や髪への刺激が弱い製品を選ぶようにしましょう。

また、薄毛の前兆ともいえる抜け毛は頭皮の血行不良や栄養不足で起こることがあるため、頭皮に良いとされる成分が配合されていることも大切です。

さらに、洗浄成分は石油系界面活性剤ではなく、天然植物系界面活性剤が配合されているという点にも注意する必要があります。

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
応援ヨロシクです!↓↓

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。